ボトックス注射の美容効果|冷めやまない美意識

女性

注意点と効果

タブレットを見るウーマン

ボトックスの注意点

ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出したエキスを注射して筋肉の働きを弱める治療法です。ボトックス注射は注射をするだけですが、注射針を刺したときにチクっとした痛みを感じることがあります。注射が苦手という人は、事前に麻酔クリームを塗ってくれるクリニックで治療を受けることをお勧めします。ボトックスを注入したあとは赤みや内出血後が1週間くらい続く場合があります。これには個人差があり、注射をするのが下手な医師にあたってしまうと内出血がひどくでる場合があります。ボトックス注射はすぐにメイクができるので、内出血がでてもファンデーションを塗れば目立たなくできます。ただし、ボトックス後に注入部位を強く押したりマッサージをしたりすると、薬剤が拡散されてしまうので要注意です。ファンデーションを塗る場合も、あまりごしごし擦って塗らないようにする必要があります。ボトックス注射をしたあとに、頭痛、めまい、吐き気、高熱など、軽い風邪に似たような症状が出る人もいます。そうなった場合は体を動かすことを控えて家で安静にして過ごすことが大切です。もしも症状が回復しないようであれば、クリニックに電話をして指示を仰ぐことをお勧めします。

外科手術なしで解決

ボトックス注射は様々な治療に利用されています。もともとは斜視を治療するために利用されていたボトックス注射ですが、今はプチ整形として美容医療の現場でも普及しています。目尻や口元のシワを簡単になくす治療の代表格がボトックス注射です。シワというのは顔を動かしたときに表情筋が働いてできます。ボツリヌス菌には、表情筋をコントロールする神経を麻痺させる働きがあります。ボトックス注射を打つとシワがなくなるのは、表情筋が一時的に弱まるためです。また、エラ張り顔をエラ骨を削らないで治す小顔治療にも、ボトックス注射が利用されています。ボトックスでエラの筋肉が収縮されると、正面から見たときにフェイスラインが引き締まります。エラ骨ではなくエラ筋が発達していることが原因で顔が大きい人というのは沢山います。クリニックに行って医師に診てもられば、ボトックス注射でなくせるエラかどうかが分かります。全身麻酔下でエラ骨を削る外科手術はとてもリスクが高くなりますが、ボトックス注射であればほとんどノーリスク・ノーダウンタイムです。また、エラ骨削りの輪郭形成手術は100万円以上しますが、ボトックス注射なら3万円〜6万円くらいで出来ます。

Copyright© 2016 ボトックス注射の美容効果|冷めやまない美意識 All Rights Reserved.