ボトックス注射の美容効果|冷めやまない美意識

女性

表情ジワを目立たなくする

笑顔の女性

わずか数分の施術で効果

加齢に伴ってお肌にはさまざまなトラブルがあらわれるようになりますが、その代表的なものの1つがシワです。シワは皮膚が弾力性を失うことによって生じる細かなたるみのことですが、顔にできるシワの中には単なるたるみとは異なるメカニズムで作られるものがあります。それが表情ジワです。表情ジワとは人が感情の変化等に伴って表情を変える時に生じるシワのことをいいます。たとえば怒った時には眉間に縦ジワが寄ったり、額に横ジワができたりします。また笑った時には俗に「カラスの足跡」などと呼ばれる細かなシワが目尻にできたりします。こうしたタイプのシワを表情ジワといいます。表情ジワは若いころであれば普通にしている時、つまり無表情の時は目立つことがありません。しかし年齢を重ねるにつれてコラーゲンなどが減少すると肌から柔軟性が失われ、まるで紙を何度も折りたたんでいると折りグセがつくように顔の表面に常時残ってしまうようになります。美容整形の分野では、ボトックスという薬品を注入することでこの表情ジワを目立たなくする治療を提供しています。わずかに注射1本、数分程度の施術時間で効果が得られるとあって、女性はもちろん最近では男性の間でも人気を集めています。

筋肉の緊張をゆるめる

ボトックスは正式名称をA型ボツリヌス菌毒素といいます。名前だけ聞くと危険な物のように感じられますが、以前から多汗症などの治療に用いられている安全な治療薬です。菌そのものを利用するのではなく、菌から精製した無毒のタンパク質を使います。ボトックス注射によって生まれる効果は、筋肉収縮力の低下です。表情ジワは感情の変化等があった場合に脳が顔面の筋肉に対して「(その感情に合った)表情を作れ」と命じることで生じます。ボトックス注射は、このときに脳からの指令を伝える神経伝達物質の活動を抑える効果を持っています。つまり簡単に言えば、ボトックス注射は顔面の神経を軽く麻痺させるわけです。これによって筋肉が過度に収縮するのを防ぎ、表情ジワをできにくくします。ボトックス注射は1回の施術で通常4〜6か月程度効果が持続します。定期的に施術を受け続けていると、徐々に効果が長持ちするようになります。施術を受ける際には、信頼のおける医療機関を受診するよう注意する必要があります。ボトックスは量が少なすぎると十分な効果が得られませんし、多すぎると能面のように表情の乏しい顔になってしまいます。ただし万が一施術に失敗した場合でも、アセチルコリンという他の薬剤を使って効き目を修正することが可能です。

Copyright© 2016 ボトックス注射の美容効果|冷めやまない美意識 All Rights Reserved.